【荒野のコトブキ飛行隊】東方コトブキ非行隊 第4回【プレイ日記】

空賊クエストの時間だ!

輝夜「見る者の性欲を惹起してやまない、胸の大小がはっきり分かれたチュートリアル娘が現れた! コマンド?」

慧音「こちら、『犯す』『コマす』『道具を使う』の3種類を用意してあります」

妹紅「いつからこのゲームは『大悪司』的なものになったんだ」

輝夜「そういうわけで、ランダムイベント戦闘になるみたい」

妹紅「治安悪いなあ。まさに西部劇の戦闘機版か」

慧音「『大列車強盗』みたいな状況が日常的に起きているとは、なかなか心が躍る」

輝夜「どうやら良いアイテムがもらえるみたいね。がっつり空賊狩りをさせてもらうわ」

妹紅「狩れる相手なのかねえ。レベルデザイン的に、いきなりおいしいアイテムが手に入る相手を倒せるかっていうと、そういうことはなさそうなんだが」

輝夜「めちゃめちゃシンプルな説明だった。脱いで詫びろ

妹紅「簡潔でゲームの流れを阻害してないんだから、むしろ良いだろ!」

輝夜「脱いだところを見たいだけや! たぶんタトゥーとか入ってるで!」

慧音「太ももの内側に撃墜マークのタトゥーが

妹紅「とんでもなく嫌な設定を付加するな!」

ローディング中の1コママンガ

輝夜「ローディング中にランダムで1コママンガが出てくるんだけど、もしかしてこのゲーム、やべーやつしかいないのでは?」

妹紅「そらまあキャラゲーだし……」

輝夜「パンケーキバカの主人公とパンケーキバカと言い争う日常のカレーバカって相当な組み合わせよ?

慧音「しかも、カレーの入った鍋に赤ちゃんプレイ

輝夜「これはちょっと上級者向け過ぎますね……ドラゴンカーセックス級認定!

妹紅「ベクトルが違う!」

輝夜「我がほうの戦力、33441! 空賊の戦力、34485! 微妙!」

妹紅「展開ひとつって感じかねえ。ここらへんの勘所は何度もやって掴んでいくしかないか」

慧音「あちらさん、前衛後衛の能力タイプの配置はメチャクチャだな。第1分隊の攻撃型前衛をさっさと落とせれば有利になるかも?

輝夜「とりあえず、今現在のパイロット情報。鍛えられるところまでは鍛えた」

妹紅「ケイトだけ星1で置いていかれた……

慧音「回避型から先に昇格させたほうが良かったんじゃないか?

輝夜「キャラ造型的に、ケイトよりチカのほうが好みだったのよね」

慧音「太眉元気娘だから、ひいきしたくなる気持ちはわかる」

輝夜「このコトブキ飛行隊の6人については、『パンケーキバカの主人公』『常識的な巨乳隊長』『無感情系囮役』『大酒飲みの巨乳囮役』『暴言型お嬢様系アタッカー』『カレーバカのアタッカー』って感じの認識なんだけど、キリエ-チカとレオナ-ザラのコンビが際立って見えてる分、エンマ-ケイトの並びがどうしても薄味に感じちゃうのよねぇ」

慧音「先行テストプレイしたが、攻略情報は一切提供しないことにしている。……が、解放された物語を見る限り、ヤバイ度ではコトブキ飛行隊は一番マシだと思う。個人的な不等号比較をするなら、『ゲキテツ一家>怪盗団アカツキ>カナリア自警団>ハルカゼ飛行隊>コトブキ飛行隊』だと考えた」

妹紅「コトブキが一番まともなのか!?

輝夜「興味深いところね。続きは空賊ぶっ倒した後で聞きましょ」

妹紅「ぶっ倒されなきゃいいけど」

カイチの死闘

輝夜「残り耐久力。味方71%、敵87%。負けとるがな!

妹紅「うーん、初期遭遇の時点から押し込まれて、そのままズルズルって感じだな。とはいえ、まだ数的には互角だ。先落ちしない限り、数的不利が生まれない限りはわからない

慧音「数的不利さんがログインしました

輝夜「ケイトぉぉぉぉ!」

妹紅「力不足なら仕方がない」

慧音「エンマにまるで攻撃が行ってないから、仕事はしてたんだろうな。落ちたけど

慧音「さらに、敵にケツを取られてえらい表情をする主人公さんをご覧ください」

輝夜「キリエの顔芸が面白すぎる件について」

妹紅「ドッグファイトで優位を取られたら一方的にやられるだけだから、こういう顔にもなるわなあ」

輝夜「キリエ、レオナ、ザラが立て続けにおーちーたー!

妹紅「あ、これは無理だな?」

慧音「ダメージ貢献度を見ると、各分隊の傾向が見えて面白い」

妹紅「やっぱりケイト星1は愚策だったんじゃないかね

輝夜「あ、負けました

慧音「これには森内九段もニッコリ」

妹紅「終盤は一方的にやられるだけだったな。最終的には0対4にまで差が広がった。残り耐久力は0%と35%。やはり先に数で負けると厳しい

輝夜「負けてもアイテムもらえるやん! なんだ、これ初心者にとっては負けイベントみたいなもんじゃないのさ。つまり、実質勝利!

妹紅「勝利、勝利って何だ」

慧音「負けたと思わなければ勝ちさ」

妹紅「完全に魯迅の『阿Q正伝』の精神勝利法だな……」

輝夜「ケイトの優位率7%はさすがに笑うわ」

妹紅「キリエの32%も厳しいな。機動型だから回避型ほど何とかできてないってことか?」

慧音「しかし、機動力があるのに敵を振り切れないのはその時点でダメだろう。単純にレベルが低いから、パンケーキを食べさせないといけないな

輝夜「そんな中、レオナが意外と気を吐いてるのよね。やはり隊長キャラは優秀」

アイテムを集めるのだ!

輝夜「とにかく戦って伸ばしていくしかない。幸い難易度普通のミッションはまだクリアできそうな戦力差だから、淡々とこなしていくわ」

妹紅「逆に戦力で覆せなくなっても、こつこつ戦ってアイテムを集める。装備してレベル上限を突破して、強くなる素地を作る。この繰り返しで何とかなるな

慧音「シンプルで作業感は強いが、それでも詰まることがないのは良いね」

輝夜「そうそう、ステージをクリアするごとに物語ポイントが蓄積されて、3Dアニメが解放されていってるのよね。でも、これってこのゲームの肝とも言える部分だろうから、『ここから先は自分の目で確かめてみてくれ!』にしておくわ。このプレイ日記ではゲーム部分に集中する

妹紅「ん、慧音はすでにテストランで見たって言ってたな。それでゲキテツ一家が一番ヤバイってさっきも」

慧音「うむ。ゲキテツ一家は空のマフィアで任侠だ

妹紅「属性からしてもうやばい。西部劇と合わさって混沌とするのが目に見えてる」

慧音「他にも『美少女だらけのルパン3世こと怪盗団アカツキ』『お飾り部隊が最強部隊に成り上がるって言ったら王道っぽいけどメンバーが変なカナリア自警団』『コトブキ飛行隊に憧れる青春型の集まりなハルカゼ飛行隊』

妹紅「コトブキがTVアニメで、こっちのゲームアプリでハルカゼがアニメ化されてる理由、万人に受け入れられる味の濃淡にある気がしてきた

輝夜「ゲキテツ一家アニメ化しようぜ!」

輝夜「そうして、たぶん最後の街になるであろうイヅルマにやってきたわ。ここがカナリア自警団の本拠地ね」

慧音「そうだ。『伝説の英雄の娘でミニスカートの団長』『居眠り運転する元暴走族』『隊長に欲情する白兵戦最強の妹枠』『実家も乳房もでかい上に年上男を籠絡できる元保育士』『戦闘機マニアすぎて伝説の整備士に弟子入りするロリ』『叩き上げの高濃度ツンデレ貧乳かつ元ライバル自警団団長』で構成されている」

妹紅「それで3番目のヤバさなの!?

輝夜「聞いた限りだと『居眠り運転する元暴走族』のインパクトが強すぎて……」

慧音「寝てても戦闘機を操縦できるテクニックの持ち主だ。巨乳で」

輝夜「ホント、このゲーム巨乳枠多いな!」

慧音「彼女がその団長だ」

妹紅「スカートまで見えないから、とても安心して見える

輝夜「まるでNHKアニメのような安心感。これなら親御さんも安心ね!」

妹紅「もっとも、女の子が戦闘機をブンブン乗り回してる時点で、一部の思想家にとっては不謹慎に思えるだろうけどな……」

輝夜「イヅルマ1をサクッとクリア。そんで、今、イベントやってるみたいじゃない? そっちを見てみようと思うから……いったんここで切りましょ」

妹紅「なあ、輝夜よ。お前は流そうとしているが、私は気づいているぞ。たぶん、勘がいい人はこの画面でよくわかっていると思う。『誰かいないな』?

慧音「ゴッドスピード、ケイト

輝夜「仕方なかったんや! 星1のあの子、すぐ落ちるんや! しかも、回避型として甲斐甲斐しくも挑発スキル持ってるから、余計に落ちやすいんや! おかげで後衛のエンマがめっちゃ仕事してるけど!」

妹紅「能力の低い挑発スキル持ち。つまりタゲやヘイトを引っ張ってくるやつなんて、即落ちして当たり前だわなあ」

輝夜「何とかケイトの星も増やしたい。昇格素材ほしいよー」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事