【FGO】東方グランドオーダー 第17回【プレイ日記】

あの素晴しい肉をもう一度

輝夜「イタリア半島にレオニダス1世がログインしました」

妹紅「テルモピュライの戦いのwiki記事にあるヘロドトスが伝えるくだり、良いよな。『旅人よ、行きて伝えよ、ラケダイモンの人々に。我等かのことばに従いてここに伏すと』

慧音「文天祥の襄陽。高橋紹運の岩屋城。デイヴィッド・クロケットのアラモ。栗林忠道の硫黄島。悲壮感漂う固守、堅守、死守のための戦いというのは、儚さと雄々しさで彩られている。語り継がずにはいられない何かがあるんだな」

輝夜「正直、歩兵装備だけでスパルタ人部隊と戦えと言われるとか、もはや罰ゲームにしか思えない」

慧音「よし、歩兵装備と牛馬だけでインパールを攻めよう!

輝夜「なお1944年」

妹紅「1800年代の歩兵の横隊や方陣に伝統的に突撃させられる騎兵の皆さんの悲しみもわかってあげろ」

慧音「ここまで本来の敵であるアケメネス朝ペルシアのクセルクセス1世の話題なし。名前が覚えにくいゆえ致し方なかった。wikipediaでは名前誤植されてるし」

輝夜「クセルクセル王はクサハエルクサハエル」

妹紅「そりゃ言いづらい名前だし、アレクサンドロスとかラムセス2世とかみたいな至高の業績があるわけでもないけど、あまりにもスルーされがちだよな……」

慧音「バビロニアのネブカドネザル2世もそうだが、やっぱり名前の書きやすさや覚えやすさは重要だよ。例えば、羽柴秀吉や豊臣秀吉が『纐纈秀吉』だったらどうする? クリストファー・コロンブスが『クリストバル・コロン』だったらどうする?」

輝夜「後者ただのスペイン語読みやんけ!

慧音「ちなみに、ラテン語だと『クリストフォルス・コロンブス』ですごくローマ人っぽい感じになる。おお、やったじゃないか。第二特異点に繋がったぞ。もうこの面のラスボスはコロンブスでいいんじゃないかな」

輝夜「コロンブスがレフとコンビで出てきたら腹抱えて笑うわ」

慧音「ちなみに、このクリストフォルスという名前、すなわち英語名のクリストファーはキリスト教の聖人であるクリストフォロスから来ている。ただ、彼の聖人認定は東方正教会などで行われているが、カトリックでは除外された。『史実性に乏しい』からだ」

妹紅「どんなジョークだ、って言ったら怒られる?」

慧音「日本正教会での表記は『聖致命者ハリストフォル』。その逸話もえらく教派で異なっているが、とりあえず『キリストのせいでさんざんな目に遭わされる聖人実績を解除した巨人』と思っておけば間違いない」

輝夜「さらっと巨人が出てくるヨーロッパの宗教的事象パネェ」

妹紅「北欧神話のラグナロクで戦うのも巨人たちだし、ギリシア神話のティーターノマキアーでもクロノスたちティーターンと戦うことになるし……源流あってのこととはいえ、『巨人』に対する畏れと憧れを感じるね」

慧音「で、FGOは?」

輝夜「ごめん、話してる間にレオニダスの迫真の戦闘が終わったわ……

妹紅「この連載で一番ひどい扱いじゃないか、レオニダス」

輝夜「キャラ造型好きなんだけど、雑談に花が咲きすぎた悲劇」

妹紅「でも、私たちからの扱いって意味ではオルガマリーがやっぱり不動のかわいそう枠な気もする

慧音「レフは?」

輝夜「あんなん『馬氏の五常という評判やそれまでの業績なしにやってきて山登っただけの馬謖』やぞ。再評価も何もないでしょ」

輝夜「しゃーない! お疲れ!」

妹紅「このゲーム、常識人ほど弱いんじゃないか

慧音「現実でもそうだよ、妹紅。アインシュタインの言葉にもあるじゃないか。『常識とは18歳までに積み上げた先入観の堆積物に過ぎない』と。人間の枠を超えたものが英霊になるのなら、その枠から飛び出し続けることこそが人間の価値と言える」

妹紅「文明が成り立たずに崩壊しそうだがね。一握りの天才は時計を進めるが、その時計を支えているのは無数の凡人だ

キテレツ中華部隊登場

輝夜「特別遠征軍が帰ってきてるって話が出て、カメラが切り替わった途端にこれですよ。なんだこの筋肉から筋肉へのリレー。ダルビッシュから澤村かよ

慧音「右は細身じゃないか……。というか、よく見ると尻が見えてるぞ! クラス淫乱がまた増えてしまった!」

輝夜「そらこんなケツ出してたら雲霞の如く集まってくるわ! なんやお前、立ちバック専用機か! というか、実は男か! まあ、立ちバックは前の穴だろうが後ろの穴だろうがやりやすいから関係ないよね!

妹紅「名前が判明する前から、どえらい属性をつけられたな」

慧音「性癖バフを盛り過ぎな彼女もしくは彼が悪い」

永琳「荊軻は女ですよ

輝夜「桂花? ラーメン?」

妹紅「それたぶん熊本県民と一部の東京都民にしかわからないから」

輝夜「ああ、荊軻ね……。えっ、荊軻!?」

妹紅「お手本みたいなノリツッコミしたな」

慧音「彼、いや、彼女もそうだよ。私の『読みやすいから出してもらえる』理論に合致する。刺客列伝には曹沫、専諸、豫譲、聶政もいるのに」

妹紅「違うと思うなあ。始皇帝の知名度のおかげだろう。そこに至るまでの経緯もかっこいいし。横山光輝が漫画も描いているし」

輝夜「うああ! ここで戦闘とかめんどい! 連合ローマとかいう泡沫政党みたいな勢力の雑兵は黙っとれ!」

妹紅「希望の永遠亭

慧音「永遠亭さきがけ

輝夜「うわあ、格が下がる! この美しいぐーやのおうちの格が下がる!」

慧音「わかったわかった。じゃあ、17年続いたスポーツ平和党は泡沫か否かという話をしようじゃないか」

妹紅「危険なところに踏み込むなぁ……」

輝夜「皇帝特攻を所持とか、この特異点において反則すぎでは?」

慧音「ちなみに、特にゲーム内の君主に対して特攻持ちとかそういうのはありません」

輝夜「当たり前でしょ! この子、失敗したじゃない! いわば敗北者よ! 荊軻、荊軻、敗北者! 知り合い遅れる敗北者!

輝夜「さっきの筋肉ダルマって呂布なの? しかも、敵追ってどこか行ったとか、知力1もなさそうなんだけど、大丈夫? やっぱバーサーカー? バーサーカー2人が主力の本家ローマ軍やばくね? どこ住み? 彼氏いる? 処女? ていうかエッチしない?」

妹紅「駆け上がり方がチャラ男じゃなくて、必死な童貞みたいになってるぞ

慧音「三国志の武将はエピソードが豊富な分、濃度を強めないためにもこれ以上出せないジレンマがありそうだ。あとは孔明と仲達がいたか」

輝夜「つまらないわねえ。もっと玄人が唸るところを出してほしいものだわ。有名で、実績があって、女体化もしやすくて、かつこれまで他タイトルであまり注目されてない

妹紅「いないだろそんな三国武将。ニコニコまで含めたら劉禅はおろか陶濬まで注目されてるのに」

慧音「もう陳寿をキャスターで出せばいいのでは?」

輝夜「いや、バーサーカー司馬遷

妹紅「突然の前漢!

輝夜「別行動NPC特有のハイスペック

永琳「でも彼女の宝具って即死効果持ちなので、あながち不可能でもありませんよ。オーバーチャージ最大で100%即死

輝夜「マジかよ。失敗アサシンがどんだけ優遇されてんの。それとも何? 薬箱投げつけられたら攻撃と防御が10分の1になるような鬼ギミックでもあるの?

慧音「夏無且とかいう勇気を出したことで史書に名前を残すスーパードクター」

煽りタイムがやってきました

輝夜「いえーい! やることなすこと何もかもダメ! なのに解雇されない窓際族教授レフくん見てるー!?」

妹紅「好きにサーヴァントを呼べるのに稚拙な運用……。話の流れゆえとはいえ、あまりにもひどい」

慧音「ご覧ください。彼が現代の尻で出世した人物です」

輝夜「見ましたか、奥さん!? とりあえず何でもいいからやれ、ですよ! 国対国のこの構図で『サーヴァント逐次投入すれば何とかなるやろ』とかコーエー三国志のAIか!」

妹紅「あまりにもアレすぎて、一周回ってどうでも良くなってきた」

慧音「『嫌い』の向こうは『無関心』というのがよくわかる現象である」

輝夜「で、このちんこ大きそうなショタ誰よ。おねショタものに出てきたら巨根ショタ攻め否定派が次々に憤死するタイプのやつ

慧音「戦争が得意なやつなんていくらでもいるからなあ」

妹紅「あえてここで召喚するんだから、帝政ローマより前の人物なんじゃない? カエサル、カリギュラ、レオニダス。ほら、みんなそういう括りだ」

輝夜「よっしゃ、レイフ・エリクソンやな」

妹紅「人の話聞いてた?」

輝夜「ははは、聞いてたよ。聞いて無視した。あっ、赤いから赤毛のエイリークの可能性もあるわね」

妹紅「寒冷地組がこんなド軽装で召喚されるかねえ」

慧音「顔見せが終わった途端に水着でファンキーになるFGOに何をおっしゃる

輝夜「で、私らイベリア半島にあることがわかった連合帝国の首都に向かってるんだけど、あんなローマと陸運海運で繋がってる場所さえ把握しきれてないって、この国ほっといても滅びるんじゃない?」

妹紅「まあ、そこは1世紀の限界ということにしておこう」

慧音「共和政末期にはセルトリウスの乱も起きた、パクス・ロマーナの最重要地点なのにな

輝夜「あの町ってどこかしら。もしかして、カルタゴ・ノヴァ?

妹紅「ハンニバルが出てきたら楽しいけどなー。ハンニバルがこっちにいないから、ドリフターズに出てきたわけだからなあ

輝夜「まさかまさかの大カトーの逆襲

妹紅「うーん、有名人指数では圧倒的に負けてる。つまり、知名度が力になる英霊としてはあまりなあ」

慧音「だが、カトは欧州では有名人だろう。そういう意味で、ク・ホリンもまたブーストが掛かっている

輝夜「はぁ、せめてカエサルを使うだけの良い器量であることを望むわ」

変態筋肉の祭典

輝夜「やべーやつが来た……」

妹紅「いや、なんだこれ。呪術師?」

慧音「ソロモン! メギド72のソロモンじゃないか! 『東方メギドラル』は並行連載中!

妹紅「露骨に別シリーズの宣伝すな!

輝夜「ここでソロモン王本人が来たら片腹大激痛。というか、今のところ敵の大ボスと目されてるのがソロモンじゃん。レフ・室内犬みたいな髪型ヤロー・フラウロスが王の寵愛だかなんちゃらだか言ってたってことはさ。6ボスが1ボスとか幽々子かよ。嫌よ、こんな入れ墨ちんこ押し付けハゲが大将だなんて」

輝夜「おどれもバーサーカーかい! 何このローマ! 春のバーサーカー祭りでも開催中なの? シールを奪い取って送るとお皿がもらえるの? それを質屋に売って資金にするの?

妹紅「ヤマザキ春のパンまつりから龍が如くにリレーしたな……

慧音「ただ冷静に考えてみたら、呼び出したサーヴァントすべてをバーサーカーにしてた邪ンヌのオルレアンのほうが、よほどバーサーカー祭りではあった」

輝夜「あっちは話の通じるバーサーカーばっかりだったのに、こっちは完全に言語を絶したバーサーカーばかりじゃん! だからこう言おう、筆舌に尽くしがたし!」

輝夜「で、Fateシリーズおなじみのエルメロイ2世とさっきのショタが、この状況について分析してる。連鎖的な召喚だとか」

輝夜「あれがダレイオス3世だとか……」

妹紅「イランに経済制裁を受けるレベル

慧音「クセルクセス1世は出ないし、ダレイオス3世はあれだし、ペルシア受難だな」

輝夜「というか、このショタ、アレクサンドロス3世なの? フレンドに借りたイスカンダルはいかにも覇王って感じのおっさんだったから、こっちは別クラスでの召喚ってことになりそうね。呼び方から考えて、『西方世界のアレクサンドロス』と『東方世界のイスカンダル』って感じになるのかしら」

慧音「マケドニアのヘタイロイに並び称されるアケメネス朝ペルシアの不死隊。同じ古代世界の勇者たちを率いた王が、まさかこうも違う形で描写されるとはな」

輝夜「だから、勝たなあかんねん! 文明レベルで勝たんとアホみたいな描かれ方するで!

妹紅「『文化で世界を征服したギリシア』の強さを感じるなあ」

輝夜「倒したら倒したで完全に戦術負けして、デカパイエロ担当お姉さんのブーディカさんが敵の手に落ちました。これからありとあらゆる淫猥の宴に連れて行かれます。やったね、すごいね」

妹紅「ローマ軍に攻撃を受けた際にも親子でレイプされたらしいのに、英霊になってからもひどい目にあうのか、彼女は……」

輝夜「なんもかんも男の欲望を一手に引き受けられそうな体で現界したんが悪い

輝夜「荊軻、優秀。敵の陽動に引っかかったスパルタクスと呂布のバーサーカーコンビとは一味違った

妹紅「そもそもこのローマ軍、武力に全振りすぎるのでは?」

慧音「相手の頭脳(笑)にしてたぶん宮廷魔術師(爆笑)がそれ以上のハンデになっているからセーフ

輝夜「よっしゃ、今回はここまで! 次回! 隠し砦の3バーサーカー! 『ああ無残、男の欲望に沈んだブーディカ』にご期待ください」

妹紅「助けられてねぇ!」

慧音「ぶっちゃけた話、敵の本拠地を見つけた今、姫騎士が凌辱されようがどうなろうが戦力的に問題はないし……どうせ悲劇的最期を迎えても召喚すればリセットされるし

妹紅「『ドラゴンボールで生き返らせるから心配すんな』みたいな理論はやめろ!」

輝夜「戦士はどんどんドライになっていくものなのよ……。プリンセスメーカーも軍人になるためにガリガリ鍛えてると、感受性パラメータがめっちゃ下がってたからわかる

妹紅「またずいぶん懐かしいタイトルを」

慧音「まあ、今、隠し砦では元プリンセスがプリンセスメイク作業を行われているんですけどね

輝夜「おあとがよろしいようで」

慧音「あ、これ、『おあとがよろしい』ってお掃除フェラの隠語だって説を流してもいいかな?」

妹紅「よかないわ!」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事