【FGO】東方グランドオーダー 第18回【プレイ日記】

ショタは抱かなければならない

輝夜「ショタなアレクサンドロス、もとい英語名アレキサンダーが、マスターと体の相性が合わなかったとか言ってますよ! かーっ、いやらしかーっ!」

妹紅「改めて見ると、線が細いなー! 大丈夫か? 食べてるか? こち亀の日暮巡査状態じゃないか!」

慧音「実のところ、アレクサンドロスは腹心の戦士であるヘファイスティオンと同性愛の関係にあったのではと言われている。ヘファイスティオンはすでにFateシリーズにも名前が出ていたな。戦場で起居をともにし、命を互いに預け合う関係は、そのまま愛に昇華しやすいようだ」

輝夜「ある意味、繁殖や打算から最も遠いところにある純粋な愛かもね」

妹紅「男色の歴史は奥深いからなあ……。女色のほうは宗教や社会で規制されまくってたとも言えるが」

輝夜「『一将功成りて万骨枯る』やぞ。兵はいつだって精一杯輝く星を命がけで支えるんや」

妹紅「なんだその運命のドア開けそうな表現

慧音「誰もが一兵卒からのサクセスストーリーを愛するが、残念ながら底辺を知っている人間ほど出世してから民草に厳しいんだよなぁ」

輝夜「おい、ハゲネズミ、呼んでるぞ」

妹紅「豊臣秀吉こと羽柴秀吉こと木下藤吉郎忍者説ってロマンあるよね」

輝夜「そんなこと言ってたら、新アイドルのネロ・クラウディウスさんが登場ですよ。売れっ子アイドルになってミュージックステーションに出演! 実母アグリッピナを溺死させるのに失敗したけど、本人がわざわざ生きてることを報告してきたからちゃんと殺しきった逸話を大発表!」

妹紅「テレ朝が放送事故で吹っ飛ぶぞ」

慧音「小田和正が隣にいる時より機嫌が悪くなるタモリ

輝夜「いいこと言ってんなぁ。犯してやりてぇな

妹紅「シリアスなシーンくらい応援してあげなさい」

慧音「一般向け薄い本では聖帝にされてそう

輝夜「ネロが羽ばたき属性を得るのか……」

輝夜「皇帝よりも教皇のほうが偉いんやで」

慧音「あっ、野生のインノケンティウスが飛び出してきた!」

妹紅「グレゴリウス7世かもしれないじゃないか」

輝夜「カノッサの屈辱ってハインリヒ4世がトスカナ女伯にペニバンで犯された事件って解釈すると面白いと思わない?

慧音「しかも、雪が降る中で三日三晩裸足で青姦

妹紅「そりゃ紛れもない屈辱だ……」

輝夜「というわけで、アレキサンダーきゅんとエルメロイ2世こと諸葛孔明とかいうわけのわからない組み合わせと戦闘ですが、見るべきところのないやり取りでHPを奪われたため、サクッと倒します」

妹紅「お前、あれよな。ダウンタウンの浜ちゃんと同じで、人が苦しんだり辛そうにしてたりしてないとつまらなそうだよな

輝夜「妹紅はそういうのがお嫌い?」

妹紅「いいや、大好き」

慧音「難題押し付けマニアと繰り返すリザレクションフリークは格が違った

輝夜「でも、かっこいいキャラも好きよ。いや、ホント、カエサル。あの魂の高潔さはぜひとも再登場してほしい」

妹紅「アレキサンダーも同じ枠組みじゃあるんだが、何かアプローチが違うんだよなあ。不思議なもんだよ」

ボスはお前かい

輝夜「精液まみれになっていたブーディカを救出し、連合帝国首都にやって参りました!」

妹紅「また勝手にR-18な結末をご用意しちゃって」

慧音「あれだね、医師が死亡を確認するまで『病院に搬送されましたが重体です』っていうのに似てるね」

輝夜「うわあああ、褐色きんにくんだああああ! ほら、飴入ったカゴ持ってポーズ取ってみろよ! 筋肉留学でガチムチなブラックスキンの皆さんと記念写真撮れよ!」

妹紅「ああ、でも、この筋肉の付き方よくない?」

慧音「競泳選手みたいな逆三角形をしているな。いや、スイマーにしては筋肉量が多すぎるか。しかし、実用的な筋肉にも見える」

妹紅「ネロが動揺しているぞ!」

輝夜「ん? てことは、あれがこの面のラスボス? 誰よ、あれ。あたいというものがありながら!」

妹紅「わけのわからん設定を付加するな」

慧音「ローマだそうだ」

輝夜「わかるか! ちゃんと! 説明しろ! エヴァンゲリオンに出てくる大人か!」

妹紅「あれがローマという都市の意志そのものだったりしたら面白いな。何が英霊かって話になっちゃうけど」

妹紅「ロムルスだそうだ。なるほどね。ローマだわ」

輝夜「んー、落ち着くべきところに落ち着いた感じ? 格としては確かに悪くないところね。ローマ編を象徴する相手ではある。じゃあ、私もロムルスにならって、狼の乳はないから牛の乳でも飲もうかしら。おら、慧音、脱げや」

慧音「脱ぐわ」

妹紅「脱ぐな!」

でもカエサルがカムバックしてほしいという3人の意見

輝夜「荊軻、お前ホンマ有能やな! 忍者やん! もう忍者やん! というかカタカナのニンジャだわ! Wow,Ninja! アイエエエエエ、ニンジャコワイ!」

妹紅「大軍で城外の戦力を叩きのめし、引きつけ、城内への突破口を開く。こうして考えると、鉄床戦術のようにも感じる」

慧音「ふむ……ここに来てアレクサンドロスへのリスペクトと考えると興味深い」

輝夜「荊軻さんが運河要塞でのキャット並みに超有能で、あっという間にロムルスのもとへやってきました

妹紅「これもう対拠点戦には絶対に荊軻連れていくべきだろ……。なんで特別遠征軍とかで別行動させてたんだ? いや、呂布が陽動役で、荊軻が侵入兼暗殺役なのか。それなら合点がいく」

輝夜「0点!」

妹紅「またえらいポーズで……」

輝夜「ポーズに独創性がないし、表情も気に食わない! いわゆる『ジョジョ立ち』がすごい理由はね。筋肉がどういう流れ、形であれば美しいかを荒木先生が真摯に考えた結果なの。どういう表情ならそれが引き立つかまで考えられてるの。なのに、何よこの居振る舞い。今、貴方の筋肉は見世物以下に堕落した!

妹紅「宝具使われとるがな

輝夜「ふっ……自前の鯖など肉壁! いくら落とされようとも、最後にめっちゃ強いフレ鯖が残ればよい!」

慧音「そのうち暗殺されそうなセリフだ」

輝夜「見なさい! この戦いのためにネロ・ブライドを借りてきた。まさしくこの1戦を制するにふさわしい宝具が発動!」

妹紅「水着を着たりウェディングドレスを着たり、ネロは忙しいな。人気キャラってことか……」

輝夜「これにはロムルスも尊みでやばたにえんの無理茶漬け! ラストバトル終了! 第二特異点、完!」

妹紅「ネロ・ブライドを持ってきたのがきっちりハマってるように見えるのが面白い」

忘れられた野良教授

輝夜「あ、まだいたんすか……」

妹紅「このテンションの下がりようである」

輝夜「いやあ、それがし、レフ殿が逃げる背中しか見たことがないもので

慧音「ナチュラル畜生直江の魂が息づいている」

輝夜「いいことを教えてやる。マシュは何もしてないぞ! スキル発動すら忘れてたからな!

妹紅「ホントに盾持ってたまに攻撃受けてただけだったな……」

慧音「カルデアのマスコット(性的な意味で)

輝夜「それは違うよ、ロマニくぅん? なぜなら! 裏切りとは! もっと華やかで、優雅で、心をざわつかせて、零距離メガビーム砲で吹っ飛ばされるようなものだからだ!」

慧音「宇宙の蜉蝣がすごい勢いで割り込んできたぞ」

輝夜「ケツへのガイドビーコンなんか出すな! ヤられたいのかい!」

輝夜「レフくん、また人選ミスでこの特異点をふいにしたことが判明

妹紅「誰だこんなやつに特命を与えたの」

慧音「特命を与えた形にして、本来の任務から外しているんじゃない?」

妹紅「ああ……数多ある世界の案件の中でも一番小さいってわけか。でも、なんか全権を与えられたふうで、本人は舞い上がる

永琳「あ、姫様。ここからもう少しありますから、区切るといいですよ

輝夜「永琳、今回いいところでネタバレしていくわね……」

永琳「そういう担当なので」

妹紅「メタだなあ」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事