【FGO】東方グランドオーダー 第20回【プレイ日記】

マシュの性感帯を開拓する簡単な作業

輝夜「マシュの潮吹きがバージョンアップしました。また、フェラ音も本物を使って収録しております

慧音「ヒッチコックも納得の本物志向……3億アグニカポイント!

妹紅「なぜマクギリスが出てきた。いや、正確にはマクギリスですらないんだが」

輝夜「二次設定に日和るんじゃねぇぞ……」

輝夜「クリア報酬のドスケベお姉さんゲット。いやマジでR-18にしてくれと言わんばかりの格好じゃん。そらオークの精液が似合う選手権のケルト代表にもなるわ」

妹紅「そんな選手権を開催してたら、神も大洪水を起こすって話で」

慧音「結果としてノアの方舟で異種姦祭り

輝夜「アララト山(R-18)

輝夜「よろしくね! ケルト製生体型肉オナホ!

妹紅「品性下劣呼称選手権でも開催してるのか?」

慧音「レイプされた数だけ強くなる! 女王ブーディカの入場だあぁッ!

妹紅「そっちはそっちで、なぜ最大トーナメントみたいなノリになった」

輝夜「あー、マシュの強化の種火が足らんわ」

慧音「子種で代用しよう」

輝夜「おいおい、賢者か」

慧音「隠しパラメータ『妊娠レベル』が上昇することにより、一部マニアへの特攻が自動的に付与

妹紅「そりゃ一部はWeakだが、他にとってはResistだからな!?」

嵐の中で輝いて

輝夜「なんか始まったぞ! ヤイサホー!

妹紅「いきなり極まってる状況だなあ」

輝夜「めっちゃパイオツでけーねえちゃんが出てきた! なんやこれ! でかいってレベルじゃねーぞ! ていうか、ドレイクってことはフランシス・ドレイク!? これだとマジでお股にドレーク海峡あるじゃん!」

妹紅「上手いこと言ったつもりか」

輝夜「てへぺろ」

慧音「配下の海賊、なかなか海賊しているな。ちゃんとバンダナもしている

輝夜「そういや、海賊ってなんで大体バンダナをしてるのかしら?

慧音「帆船は木造だろう? そして、砲撃戦でどんぱちやり合うわけだ。結果として生じるのが、『すさまじい勢いで飛び散る木片対策』。これを疎かにすると、たちまち傷だらけになる。特に、人間は頭を守らないと致命傷になるからな。バンダナはそうした木片から身を守るために装備していたと考えられている

輝夜「いや、それなら素肌めっちゃ出してるの気にしたほうが……」

慧音「船は基本的に灼熱の太陽の下で航行を続ける。重装備をしていろ、たちまち熱中症になっておだぶつだよ。とにかく暑気対策もしなきゃいけないし、船は運用するにしても海戦するにしても、あちこち走り回る必要がある。軽装が大前提なんだ」

妹紅「しかも、潮風が吹き付けるし、嵐ともなれば海水もたっぷりかぶるし」

輝夜「ついでに海に放り出されようもんなら、着込んでるとその分だけハードな着衣泳になるわけね。理解した」

輝夜「砲弾が効かない相手って、クトゥルフとでもガチってんのかしら」

妹紅「そこはせめてシーサーペントとかさあ」

輝夜「さすがに露骨な紅海夜誘導になっちゃうかなって」

慧音「幽霊船と戦っているってのはどうだ?」

輝夜「非実体なら効かなそうよね」

輝夜「ドレイク、きっぷのいい女海賊になっちゃってまあ。でも、好感が持てるタイプではあるわね」

妹紅「こういうタイプはよくよくストーリーも進めてくれるからな。彼女が第三特異点に出てくるなら、結構期待できそうだ

輝夜「指揮官の素養って、『この人についていけば生きて帰れる』って思わせられるかにあるわよね

妹紅「『この人は強いけど、間違いなく俺らは死ぬ』だといずれどん詰まりだからな。完全なるワンマンアーミーでもない限り」

慧音「まして戦は、特に海は何が起こるかわからない。誰だってゲンのひとつも担ぎたくはなるな」

輝夜「お、敵っぽいやつが出てきた。って、渦の中を逃げてたんかい! というか、ドレイクって英霊ですらないんかい! すげえな、あの女傑!?」

妹紅「何かからくりがあるだろ……。そんな最強のオールドタイプみたいなこと言われても、さすがに超人じみた行動すぎる」

慧音「だけど、ドレイクだからなあ。実質的に英霊みたいなものだろう」

輝夜「しかし、これはいったい誰なのかしらね?

妹紅「どうやら男のようではあるが」

輝夜「笑いすぎて草まで生やしおったー! なんやこいつ! おもろいやないか! おぬしのツラを見せい!」

妹紅「これ、第三特異点、色物なんじゃ……? 舞台はどこになるんだろう。やはりカリブ海なのか? それともインド洋や太平洋?」

慧音「ドゥフフと笑うやつなんて久しぶりに見た」

マシュはセクサロイド?

輝夜「なんかエロゲーみたいなモノローグはじまったゾ」

妹紅「Keyのゲームを思い出すな」

慧音「カスタム隷奴かもしれない」

輝夜「真逆でわろた」

輝夜「この内装、カルデアっぽいのよね。となると、マシュの回想?

妹紅「かもしれない」

慧音「ぐだ男マシュ説

輝夜「もうメチャクチャや」

輝夜「眠るたびに消える可能性のある自意識? まるで悲劇で儚いもののように語ってるけど、自意識なんてのはそんなものよ。命と同じで、眠ったまま目覚めないかもしれない。突然、息が止まるかもしれない。地球のすべての大気が消え失せて、死に絶えるかもしれない

妹紅「星新一の『処刑』の趣を感じるね」

輝夜「ロマンじゃねーか! あのやろう、やっぱりマシュを性奴隷として扱ってやがった! マシュ、今こそ逆襲の時よ! あいつのアナルを破壊してやりなさい!」

慧音「脱糞癖がついてるオペレーターは嫌だなあ」

妹紅「第二号、か。マシュは人造人間なのか?

慧音「マシュセクサロイド説が確定した件について

輝夜「レプリカントとかアンドロイドとか、あのあたりの用語はややこしいねん!」

慧音「しかし、カルデアの環境は厳しいな。マイナス70度とは。僻地どころの騒ぎじゃない」

輝夜「なおフィンランド人はようやく涼しいと感じるもよう」

輝夜「ロマン、いつも同じ体勢だと思ってたけど、寝違えかむち打ちで痛みを覚えてたの? それともオナニーのしすぎ?」

妹紅「すごい勢いで関連性のない選択肢の提示が行われたな」

慧音「表情を崩しとるんか辛そうな顔なのかハッキリしなさい!

輝夜「5110回目か……365で割ると?

慧音「きっちり14だ。うるう年計算なしの単純な割り算だと、14歳の誕生日か」

輝夜「14歳であのメチャシコボディとか、マシュの設計者エロ目的すぎでしょ

妹紅「もはや完全にマシュ視点前提で話が進んでいる」

淫獣が目覚めた

輝夜「なんだこのかわいい淫獣。やはりフォウオナホは売れる

妹紅「実際に同人グッズでありそうだから怖い」

輝夜「やっぱり淫獣だ! ぐだ男におはようの甘噛み朝フェラを仕掛けるとは

慧音「ぐだ男がマスターでいられるのは、サーヴァントに手を出さないケモ属性だからだった……?

輝夜「でも、サーヴァントにもケモっぽいの結構いない?」

妹紅「基本が人型だからなあ。極まったケモの人たちって、獣割合が高くないと興奮できないらしいからな

輝夜「ケモフェラを受けたんだから、そりゃ1秒で起きるでしょ

妹紅「こだわるなあ……」

慧音「起床(1秒)

妹紅「秋子さんネタわかるのはもうだいぶ少ないから!」

ドクターロマンの見解、あるいは妄想

輝夜「ははは、残念だったな! お前にフォウくんのフェラを受ける資格はない!

妹紅「寝てないんなら、それこそ『行為』をしてたんじゃないか?」

輝夜「マジかよ! エキノコックスセックスかよ!

慧音「カルデアの生き残りモブ職員はすべてロマンのカキタレ

輝夜「ソロモンの悪魔が肉棒72人衆だったとはたまげたなあ」

妹紅「なあ、ロマンよ。考えても答えが出ないことを思い悩むのって、ハイパー無駄だぞ

輝夜「なるほど。Fate世界観だと、ソロモンは魔術世界における最高の召喚術士になるわけね

妹紅「魔神を多数使役してるわけだから、確かに最高級ではあるな」

慧音「むしろなぜ世界を征服できなかったのか」

輝夜「魔神どころか使い魔だなんてがっかりの助

妹紅「でも、あのレフとかいう髪型プードルは魔神だったな。態度だけは」

慧音「レフがもともとただの人間だったとすると、魔神の名前は見込みのある者に与えられる称号、ないし能力なのかもしれないな

輝夜「能力持ちのくせにセキュリティの目を盗んで爆弾を持ち込んでるとかいとワロス」

輝夜「レフが召喚してたくせにあの退場っぷりだったら笑うわ」

妹紅「ソロモンもまた召喚された立場、か。あるいはより複雑な多重構造かもな

輝夜「何にしたって関係ねぇ! すべて潰す!」

ゴーゴー、第三特異点!

輝夜「大航海時代きたー!」

慧音「なお私たちがやった大航海時代3より100年弱ほど後のもよう」

妹紅「3は新航路発見がメインのゲームだからなあ」

輝夜「ロマンくん! 不吉なことを言うのはやめよう!」

妹紅「さすがに『いしのなかにいる』結末は勘弁願いたいな」

輝夜「デカラビア風デザインってなんだよ! ソロモンの話題が出たからウキウキで製作したのかよ!」

妹紅「いったいどんなデザイン……?」

慧音「デカラビアは星型で現れるらしいから、きっとヒトデ的なデザインだろう

輝夜「それ本当に実用的な浮き輪か!?」

輝夜「それより見てくださいよ。この淫獣、感じてやがりますよ」

妹紅「かなりあざといな」

慧音「フォウくんの貴重な排泄シーン

輝夜「いよいよ第三特異点! 私たちを待つ冒険やいかに!」

妹紅「難易度的にはサクサクいけるレベルが続くみたいだから、一気呵成に攻略してしまいたいな」

慧音「だが、やはりテキストをじっくり味わいたい気持ちもある」

輝夜「封鎖終局四海オケアノス! くそぅ、かっこいいサブタイトルをつけやがって!」

慧音「嵐の航海者(2020年活動休止)

妹紅「そんなジャニーズな展開になってたまるか!」

輝夜「次回から第三特異点の攻略を始めましょ。大航海時代シリーズの名曲を流しながら気分を高めて待て!」

妹紅「音楽っていうと、やっぱり2を思い出すかなあ」

慧音「想起『嵐連発でゲームオーバーの曲』

妹紅「1もだが、2は本当に嵐が怖かった……」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事