【メギド72】東方メギドラル 第21回【プレイ日記】

集まれ、幻獣の洞窟!

輝夜「やすやすと最深部にたどり着いてる! どういうことだ、キバヤシ!」

妹紅「幻獣をソロモンたちが全部請け負っちゃったのか……。かなり入り組んでる地下って話だし、同じルートじゃなくて。幻獣の密度が濃いとはいえ、すし詰めってわけでもないだろうからな」

慧音「幻獣でコミケ状態の地下洞窟を想像すると何か笑える」

輝夜「『秘密の祭壇』は壁サーかな?

慧音「比村乳業的な幅広く受け入れられるライトエロサークルだろうね」

輝夜「いや、そら笑うやろ

妹紅「マルバスとヴィネを追尾してたから、ものの見事にやばいところまでついてきてしまったのか……」

輝夜「百合の邪魔をしようとしたやつの末路

慧音「それ採用」

妹紅「出歯亀も罪なら仕方ない」

輝夜「絶対不可侵やぞ」

輝夜「ここに百合割り込みおじさんの墓標を立てよう」

妹紅「誰にも気づかれなくて教訓にすらならんな」

輝夜「あら、合流しちゃった。必要な時にやってくるなんて、ホントに主人公ね。はよウェパル抱けや

妹紅「主人公がなんの前触れもなく仲間に手を出したらえらいことだぞ」

慧音「ランスならやる」

妹紅「エロゲーじゃねーか!」

輝夜「アドル・クリスティンでもやる」

妹紅「エロゲー……じゃない! イースだこれ!」

輝夜「ヴィネヴィネブネブネでユニットが組めそう」

慧音「お姫様乳首絶対保護純情娘か……共通点はあるな」

妹紅「ないなあ、ない」

状況を整理する話し合いの結果

輝夜「完全に忘れられてるオブザイヤー

妹紅「もう食われてるんじゃないか……?」

慧音「ヴァイガルドよ、さらば! 出歯亀代表、堂々退場す

妹紅「あいつが松岡洋右だったとは」

輝夜「朝日新聞の記者かもしれない」

輝夜「なんかエロ漫画の催淫に使われそうな敵が出てきた」

慧音「くノ一ものの常連って感じだな。風格が漂う」

妹紅「でかすぎだろ……」

輝夜「やはり時代は虫姦

慧音「リグルのテンションが上がるな」

輝夜「あっ、なんかエロエロになる系の光線を撃ってきた!」

妹紅「シトリーさんが槍振り回して帯電してるせいで、余計に妖しい感じが際立つ……

慧音「完全にスケベするやつだなあ」

輝夜「ガープがセックスモンスターに!

慧音「剣闘士だからな……。性欲はすさまじいものがあるだろう

妹紅「正直言って、生殖能力って面ではこのメンバーの中でも随一っぽいよなあ。ソロモンといい勝負か? モラクスはまだ若いし、バルバトスはチャラ系だし、ブネは攻撃力低いし

輝夜「ド直球のブネブネディスりわろた」

輝夜「そこに颯爽と現れる白い影! 伝説の英雄らしいけど、なんか聞いた話によると食欲魔人らしいシトリーさんの決定的エントリーだ!」

妹紅「シトリーさん、知れば知るほどぽんこつ度合いが明らかになるタイプだろうな……」

慧音「声もスタイルも良い美女はたとえぽんこつでも許されるのだ

輝夜「わかるわー」

妹紅「お前はあと一歩で許されない異変を起こしそうだから怖い」

輝夜「言うてこんなでかくなりすぎた寄生虫みたいに負けるはずがないのよね。おら、シャックス! ケツ見せていけ!

慧音「しっかり止めると下着が見えるらしいぞ

妹紅「見えたほうがありがたみがないんじゃないか?」

輝夜「出来ておる喃、妹紅は……」

輝夜「というわけで、劇勝でござぁます! インパッチ!

妹紅「突然の一八先生

慧音「一八先生、メギドをネタにしてくれんかな」

妹紅「知名度がね……」

輝夜「FGOでも結局はオタクコンテンツだからなあ」

慧音「でも、弐瓶勉までやったんだぞ?」

妹紅「言うて弐瓶先生って固定ファンがしっかりいるから。近代麻雀の読者層とも合致してそうだし

輝夜「浦安鉄筋家族は合致しているのだろうか、とふと思った」

それでは依頼人の登場です

輝夜「デデーン。旅商人、アウトー

慧音「よう来たな。ここがガースー黒光り秘密の祭壇や。お前らとろい旅商人やから、ケツ掘られんように気をつけるんやで」

妹紅「見つかると掘られる地下洞窟って地獄すぎる」

輝夜「ゲイビデオの企画モノみたいね

慧音「悪事を企んだ旅商人が犯される! 細マッチョ触手搾精!

輝夜「ニッチオブニッチ!」

妹紅「ウェパル、ウキウキだな!」

慧音「悪い笑みしてるわ! この子、こういうの大好きよ!

輝夜「キャラストを見る限り、彼女の親友のほうが好きそうだけどね、拷問

慧音「ウェパルちゃんはいやらしい拷問が大好きなのよ! 肛門にとろろ塗ったり!

妹紅「ただの拷問じゃねーか!」

輝夜「そもそもなんでオネエ口調なのか」

妹紅「シャックスがビビるくらいだから、ウェパルも本当にキレてるのか。騙されてこんなえげつないところに放り込まれたんだから、当然といえば当然だが」

慧音「人間には215本も骨があるのよ! 10本ぐらい何よ!

輝夜「赤い彗星算してて草」

妹紅「さすがに10本折ると活動に支障をきたしそうだ」

輝夜「マルコシアスさん、迫真の割り込み。こういう時は正義バカが役に立つ」

妹紅「この人、わりかし正義の基準がぶっ飛んでるから、程よい加減の尋問なら正義になりそうなんだよな……

慧音「ロジャー・スミスくらいわかりやすい正義感だぞ」

妹紅「『ネゴシエーション(物理)』じゃん!」

君の名は。

輝夜「ふはは、言いおった! よくぞ白状したものよ。褒美に骨を折ってやろう

妹紅「外道だー!」

慧音「王都ってことは味方だな。なぜ王都の騎士団員が、こんな詐術を使ったのかね」

妹紅「騎士団の中での派閥対立があるとか?

輝夜「これもウソという可能性はある。もう少し話を聞いてやりましょうか」

輝夜「いかにも汚れ役ね。しかし、『秘密の祭壇』は出任せじゃなくて本当にあるみたい

妹紅「破壊ねえ……? 祭壇そのものはあっても、用途はかなり違うようだな」

輝夜「祭壇っていうくらいだし、生贄捧げてる感はあるものね。ヴィータにとってはまずい代物なのかも」

慧音「幻獣がここに集まっている理由にも連なりそうだ」

妹紅「なるほどね。幻獣が邪魔してくるようになったから、ソロモンたちの力を使おうって考えたわけか。良い生かし方ではあるな。ま、協力関係にあるんなら、正式なルートで交渉したほうが良さそうだがね」

慧音「考え方が完全に主人公を利用する悪役なあたり、まさに影に生きるヴィータといったところか」

輝夜「よっしゃ、償いとしてヴラド3世ごっこの的にしようぜ!」

妹紅「唐突な串刺し遊び

輝夜「秘密の祭壇に新鮮なヴィータをシュゥゥゥゥ! 超エキサイティング!

妹紅「人体実験ドームはただのえげつないSFなんだよなあ」

慧音「超人計画って感じだ。そういう意味では『ハルマに転生できる』もまるっきりウソじゃないんだな

輝夜「ハルマえげつねぇ! やっぱり白鵬がナンバーワン!

妹紅「まさにメギドに勝つためなら何でもするってことだったんだ」

慧音「『何でもする』なら黒塗りの高級車に追突すれば良かったというお話

妹紅「そのネタはやめなさい

輝夜「こっちの世界の歴史でも人造兵士計画はオカルトの定番だけど、どんな実験してたのかしらね。肉体を繋ぎ合わせたり、DNAで人造人間を作ろうとしてたり?

慧音「範馬勇次郎が種付けすればすべて解決

妹紅「やだなあ、拳ひとつで幻獣を制圧していく地上最強の生物……

妹紅「『善なるものハルマ』という大前提を守るためにも、今のヴィータを束ねる王都としては、そんな実験施設は跡形もなく破壊する必要があるわけか。まさに負の遺産。それも発見されてはいけない最悪の地雷だ」

輝夜「ハルマを全面的に奉ずるエンゲルシュロスの皆さんに事実をオープン! 今まで信じてきたものを奪われたヴィータたちは哀れ爆発四散!

慧音「まさしくひっくり返るような出来事だ。神の不在が完全無欠に証明されるのにも等しい。というより、天使たちが人間を使って兵器にするための人体実験をしていた……なんてまともな精神じゃ受け入れられまいよ」

輝夜「少なくとも、ヴァイガルドの秩序は崩壊するでしょうね。いいか、ハルマども! 私から言いたいことはひとつだ! 悪事の証拠とエロ画像の詰まったハードディスクはちゃんと爆破しろ!

慧音「ふっ、だが現代は非情さ。できるやつほどオンラインストレージを使っている。そして、全世界に公開される。あらゆる男女の『秘密の祭壇』がな……

妹紅「隠語みたいに言うな」

輝夜「よっしゃ! いずれにしても、秘密の祭壇見つけて、ホントに危ないかどうか確かめる必要があるってことで! 今回はここまで。いよいよ物語はクライのマックス!」

妹紅「あくまで1つのイベントの終わりなんだよなあ。本編に至ってはまだ第1章の途中だぞ」

輝夜「気にするな!」

慧音「すべてを解決するジュラルの魔王メソッドは格が違った」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事