【メギド72】東方メギドラル 第26回【プレイ日記】

ナズーリンを駆逐せよ

輝夜「へいへいへい、ナズーリンよ! お前にはこの放電式バイブがお似合いだぜ!」

慧音「感電させつつ快楽を与える宝具! 実在していたのか!」

妹紅「なんだかFGOみを帯びてきたな」

慧音「宝貝のほうが良かった?」

妹紅「封神演義に切り替えろというわけでもない」

輝夜「ソロモン王である以上に、主人公自身の力であることを認めている……ええやつやん! 気に入ったわ! うちに来てブネをファックしていいぞ

妹紅「ブネなの!?」

慧音「強気な男はアナルが弱い

永琳「ちなみに、ガブブネというジャンルはありますよ」

妹紅「あるんかい!」

輝夜「厄介事を押し付けて帰る気だな! コッペパンを要求する!

妹紅「やだなあ、突然アーバレストとかに乗り出したら」

慧音「マスコット枠的なメギドの鳴き声が『ふもっふ』に

輝夜「スパロボ参戦も狙えるぞ!」

輝夜「あはん? 彼ら?」

妹紅「『黒き淵の鋏手』って幻獣だよな? その『彼ら』は幻獣じゃないのか?」

「彼ら」の正体

輝夜「そういや、謎の団体おったな! マルバスちゃんイベントに集中してたから、すっかり忘れとったわ!」

慧音「忘れられる中二病騎士団

妹紅「いかにも第1章にふさわしい、頭の悪そうなカルト団体だもんな……」

慧音「ここは『葬送騎士団』の拠点なのか!?」

輝夜「そうそう

妹紅「燃やしたい」

輝夜「そら、王都の騎士団でもバッサバッサと討伐できるだろうからねえ」

妹紅「アルビジョワ十字軍みたいになりそうだな」

慧音「尊厳王はカタリ派に大変な仕打ちをしていきました

輝夜「改めて、異端は異教より罪深いんだよなあ」

輝夜「つまり……どういうことだってばよ?」

妹紅「『黒き淵の鋏手』がボスってことだろ。言わせんな恥ずかしい」

慧音「そんなシステム面の話を求めてたんじゃないと思うぞ」

輝夜「愛がほしい

慧音「とってつけたように重いテーマを持ってくるな」

輝夜「金がほしい

慧音「別の意味で重いテーマを持ってきたな」

妹紅「お前の家、アホみたいに金があるだろ!」

輝夜「足らんわっ……まるでっ……!

慧音「輝夜は兵藤会長だったのか」

輝夜「なんだ急にぽpしてきた

妹紅「黒き淵の鋏手はゲートキーパーということか……」

慧音「『ゲートキーパーズ』ってアニメを思い出した」

妹紅「お前ならそうなるわな」

輝夜「ヴィータ! ヴィータ! 原始的! 錯乱誤解の狂信者!

妹紅「哀れではあるなあ……。これもまた知らざる者の限界か」

輝夜「幻想郷が一切の絶望を打ち消してくれる理想郷、という思い込みに似ているわよね。まったく頭が平和なことで尊敬しちゃう」

慧音「隣の芝生と股ぐらはいつだって青いのさ

妹紅「股ぐらはいらんな」

輝夜「これ、裏を返せば、『ソロモンがいないとお前らただのヴィータと同じやぞ』ってことよね?」

妹紅「そうだろうな。メギドとしての力を解放できないわけだから……」

慧音「つまり、調停者であるハルマは、ヴァイガルドでもしっかり能力を行使できるわけだ。天使の特権だな」

輝夜「いかにも強キャラだもんね。『嘘喰い』で言えば夜行さんポジション

妹紅「わかるけど、もうちょっと他の例はなかったのか」

慧音「『オメガトライブ』で言えば、梶くんポジション

輝夜「納豆そばやんけ」

厄介事を片付けに

輝夜「本質的部分では別ってことよねえ。何しろ古代にドンパチやってたわけだし」

慧音「メイトリクスみたいなハルマやメギドがいたら困るな……」

輝夜「空手の稽古があっても休ませるハルマ

慧音「対人地雷の形をしたとんでもない兵器で兵舎を爆破するメギド

妹紅「どう考えても『もうお前だけでヴァイガルド救えよ』になる」

輝夜「一般的なメギドとハルマは、会えば殺し合うくらいに関係最悪……。でも、ブネたちとガブリエルたちは利害が一致して協力している……。これは挿しつ挿されつですわ」

妹紅「すぐに合体するしないの話に繋げよる

慧音「ペニスが! 好きだからな!

妹紅「大声で言うことか!」

輝夜「ブネくん! キミは早々に他のオスどもと勃起したちんちんをかち合わせたまえ!

慧音「ブネはどんな時も乳首を隠す最強のCERO対策マンだぞ……。勃起なんて単語を聞いただけで頬を赤らめる」

輝夜「純情かよぉ!」

妹紅「設定めちゃくちゃじゃねーか」

ハルマゲドン、その恐怖

輝夜「ご覧ください、この美少女。まるで、天使みたいに笑って……

妹紅「いきなり攻殻機動隊はじまったぞ」

慧音「突然の疑似体験。幸せな家族生活にサヨナラ!」

輝夜「ゴウランガ! そこに写ってるのは、誰と誰です?

慧音「しゃらーん」

妹紅「でも、あれ、原作だとわりとがっつり立ち直ってたよな」

慧音「シロマサはわりと救いを用意するからな。メスゴリラはナメクジみたいなレズビアンセックスしてるし」

輝夜「で、よくわかるハルマゲドンの解説はじまた」

慧音「すべての土地を破壊する

妹紅「そのネタ、もう肩が赤いぞ

輝夜「教えられるもんなら教えてみろ! 私は3日経っただけで忘れるぞぉ!」

慧音「輝夜、輝夜、敗北者! 学歴社会の敗北者!

輝夜「赤犬ラップ乱用しすぎ問題。それに、スーパー裏金パワーでどうとでもなるんだよなぁ……。しょせんこの世はゼニよ」

妹紅「あまりにもひどいこの月人」

輝夜「できらぁ! ハルマゲドンだって金の力で止めてみせらぁ! えっ? 金の力でハルマゲドン阻止を!?

妹紅「1コマくらい間を置け!」

慧音「さて、ハルマゲドンの内容……。詳しくはイベントなどで学んだ通りだろうが、どういった感じで語られるかな?」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事