【メギド72】東方メギドラル 第4回【プレイ日記】

利用できるもんはなんでも利用するんだ

輝夜「なんかオーブとかいうやつの説明が始まったたま~」

慧音「たまべヱは控えめに言って爆発四散してほしい」

輝夜「他人の金で食う焼肉は格別たま~」

輝夜「つまり、特性付与や特殊攻撃ができるようになるアタッチメントね」

妹紅「『すいちゅうこきゅう』のオーブがあるらしいぞ」

輝夜「あのデマを流したやつマジ三族皆殺し」

慧音「なおユフィのほうがかわいいもよう」

輝夜「戦争だろうがっ……! そこまで決めつけたら、もう戦争だろうがっ……!」

妹紅「こういう時に輿水くんがいてくれたら、めちゃくちゃ丸く収まるのになぁ」

輝夜「まだ持ってる数も少ないし、とりあえずテキandトーにつけてみる」

妹紅「テツandトモみたいに言うな」

慧音「払った年金運用ドヘタでなんでだろ~」

輝夜「仮想通貨で大逆転や!」

慧音「仮想通貨より仮性包茎のほうが好きです」

妹紅「真顔で言うな」

オーブを使ってみなよ

輝夜「おう、戦争の犬ども! 待たせたな! 暗行御史の出頭だ!

慧音「もしやあの孤独なSilhouetteは……?」

妹紅「脈絡のないボケを2枚も重ねるな! Invalid Syntax返すぞ!」

輝夜「よっしゃ、オーブを試してみるわ」

妹紅「幻獣の力が入ったアイテムを使いこなすんだな、メギドって」

慧音「そこらへんにも秘密があったりして」

輝夜「ほいやー! アサルトシェル! 単体反撃! 反撃だからこのままじゃ何も起きね
ーよ
バーカバーカ!」

妹紅「叫んでポカを打ち消そうったってそうはいかんぞ。やーい、このボーンヘッドの化身」

輝夜「こんな屈辱は昨晩のエッチ以来よ!」

慧音「わっふるわっふる」

妹紅「どこをどうひっくり返しても出まかせだろ。お前は九州遠征の仙石秀久か」

慧音「長宗我部信親を生贄に捧げてターンエンド!」

輝夜「エクスプローラー召喚! ファック! お前もアタック強化だ! ウェパル腋舐めるぞ!」

妹紅「腋出しへそ出しやれやれ系めんどくさがり達観ロリって属性盛りまくりだな」

慧音「ウェパルは今どれくらいのサイズのバイブを挿れているでしょう選手権を開催しよう」

輝夜「やった! 2倍ダメージ攻撃きた! ちんこじゃねーか!」

慧音「これまた亀頭が大きく広がったペニスだな。挿入したら抜けないんじゃないか?」

輝夜「しかも真ん中が細い癖に頭と根っこが太いという」

妹紅「私もこいつの特殊効果でめまいを起こしそうだ」

輝夜「続けてショタのちんこが通ります。白線の内側まで下がって腰を突き出してお待ちください」

妹紅「ロマサガの強撃くらいあっさりしたネーミングの技名」

慧音「弱かじりは単なる甘噛みだな」

輝夜「怒涛の攻撃でシャックスさんも満足そうです」

妹紅「下ネタで満足したみたいなことになってる」

慧音「剣は左手で振るってるのに、敬礼はちゃんと右手。やはり頭が良いのでは」

メギドっていったい何なんだべ?

輝夜「メギドっていったい何なのさという疑問に答えるターン」

妹紅「世界の果てで戦ってるのに、世界丸ごと滅びそうになってたのか」

輝夜「それくらいすごい戦争だったってことでしょうね」

輝夜「悪魔側がメギドかあ。じゃあ、天使側に対応する勢力もいそうね

慧音「天使ならここにいるじゃないか」

妹紅「堕天使の間違いでは?」

輝夜「堕天使だと一応元天使になるけど」

妹紅「ぬかった」

輝夜「とはいえ、こんな真面目くさって話してる主人公の名前がマジンカイザーとかウケる」

妹紅「ネタとして振り切ってるわけでもない分、余計に悲惨さが際立つな」

慧音「神話にはこんな続きがあるらしい。悪魔を支配するほどの弱みって何だろうな」

輝夜「性欲やろなあ」

輝夜「いっそ、主人公の名前『ケツマンコ流血王』とかのほうが良かったかな」

妹紅「たぶん不適切ワードでハネられる気がする」

慧音「またウルトラマンコスモスが風評被害を受けるのか」

両手にたくましいキノコを持たせる儀式

輝夜「片手に1本ずつキノコを持たせる儀式によってシャックスが進化!」

妹紅「つくづく胸が大きいな、特にこのイラストだと……」

慧音「まさしく右手にメラゾーマ、左手にベギラゴン!

妹紅「どうせ『せいすい』を供給するのが精一杯のくせに」

輝夜「ふむ、こうやって強化していくわけね。私はすべてを知った。もはや魔法攻撃以外を受けたらリターンで何もかもなかったことにする

妹紅「リンゴォ・ロードアゲインの先輩とも言える存在なのに、なぜこうも情けない印象が先立つんだろう」

慧音「『男の世界』を微塵も感じさせないからな」

輝夜「そろそろステージ1が終わりそうだけど、ウェパルさんがお疲れのご様子。アジトに寄って休みたい? それはラブホテルでご休憩したいって理解でよろしい?」

妹紅「エキサイト翻訳のほうがまだ信頼性高いぞ」

慧音「エキサイトで日英日翻訳をやってみた。『はやくアジトに寄って、少し休みたいわ』は『私は、隠している場所に近くに速く来たく、しばらく休む』

輝夜「コメントしづれぇー」

慧音「google翻訳。『幸い、しばらく立ち寄って少し休憩しました』

輝夜「やっぱりラブホじゃん!」

慧音「weblio翻訳。『それは早くて、隠れ場所で止まって、少し休みたい』

妹紅「まあまあ優秀だな……」

慧音「おまけ。google翻訳の日韓日。『早くアジトに集まって、少し休みたい』

妹紅「日韓翻訳すげえ! さすが似てる部分のある言語だな!」

慧音「ただコルシカ語だと『私がしっかりとしばらくの間立っていて、少し休んだのはおめでとうございます』になるんだよな」

輝夜「どこからおめでとうございますが生えてきたの……ご懐妊?

輝夜「さあ、いよいよステージ1のボスや! ラッへの森を制圧するで! といったところで、次回へ続く!」

慧音「ラッへってなんだろうな。グランブルーファンタジーには『フェードラッヘ』という国が出てきたが、あれはドイツ語の『Drachen』、ドラッヘから取っているからな」

妹紅「あまり意味はないんじゃない? 造語ってことで」

輝夜「でも、主人公が住んでた村はちゃんと名前通りになったじゃん。グロル村。グロいことになったから、グロる村」

慧音「実は、ドイツ語にはグロル、『Groll』もあるぞ……恨みという意味で。そして、ちゃんとラッへという単語もあるんだ。『Rache』。意味は『復讐』だ

妹紅「げっ……」

慧音「宦官曰く、めちゃくちゃシナリオが考えられたゲームらしいから、もしかしたらそこらへんから取ってきているかもしれないな」

輝夜「google翻訳でRacheの発音聞いてきたんだけど、これ『カッヘ』って言ってない?」

慧音「なんというかだな、ドイツ語のRはどこでも話題になるくらい難易度が高いんだ。分類的には口蓋垂ふるえ音に該当する。うがい音やバイブ音とも言われるくらいに独特な響きを持っていて、結果的にRacheはガッへやカッヘと聞こえる面もある。ただ、それで正常なんだ」

妹紅「ラストに語学の講義になってしまった」

慧音「興味を持ったら『uvular trill』で検索してみるといい。混乱するぞ。なんとwikipediaには『R音』という単独記事があるくらいだ。そこのリンクからさらに単独記事に飛べるが、それだけでも『歯茎ふるえ音』『歯茎はじき音・歯茎たたき音』『歯茎接近音』『そり舌接近音』『そり舌はじき音』『有声口蓋垂摩擦音』『無声口蓋垂摩擦音』『口蓋垂ふるえ音』と分かれている」

輝夜「妹紅、なんとかしてよ。慧音がスイッチ入ったら原作ならではの『つまらん講義が延々続くモード』に入るんだから。これじゃプレイ日記にならないじゃない」

妹紅「知らん知らん。もう幕引きだ。逃げるぞ」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事