【荒野のコトブキ飛行隊】東方コトブキ非行隊 第3回【プレイ日記】

新ステージ・カイチの空

輝夜「おう! 淫乱ピンクのおっぱい姉ちゃんがお出迎えとは気が利くじゃねぇか!」

妹紅「振る舞いが完全に空賊なんだよなあ」

慧音「働かざる者食うべからず。それは資本家が広めたまやかしにすぎない……!」

輝夜「せやせや。世の中、下層市民に苦労するように仕向けた不労所得持ちの上流層が最強なんや」

輝夜「あ、更新時間すぎたから新規に取引できるわ。おう、エンマ! スキル素材よこせや! 4500とか高いわ!」

妹紅「そりゃアノマロパンはスキル素材だからなあ」

慧音「しかし、アノマロカリスの形をしたパンってセンスがすごすぎないか?」

輝夜「やはりここはマンコパンで対抗するしかない」

慧音「どことなくバンコランっぽくもある」

妹紅「魔夜峰央先生なら本当に『バンコランのアレの形をしたパン』を企画しそうで怖い」

輝夜「戦闘機製造の画面に初めて入る。まあ、部品を集めて資金で殴れって感じなんでしょうけどね」

妹紅「部品まだ全然持ってないからなあ」

慧音「そこでこの液体人間

輝夜「2000人の60000リッターの液体人間!

妹紅「飲み込まれてるじゃねーか」

輝夜「え、部品だけじゃなくて製造キットとか必要なの、何それ怖い……。そこはかとなく、説明役のこの子までドヤ顔だし」

妹紅「部品だけだと際限なく作れそうだからなあ。新規製造のためには制限があるってことか」

慧音「この子と遺伝子継続活動をするにあたっては製造キット不要なのでは?」

輝夜「おいおいジーニアスケーネかよ」

妹紅「フールなんだよなあ」

妹紅「あ、でも、製造の解放条件を満たしてないな。初期戦闘機の九七式でさえ作れる状況じゃないぞ」

輝夜「なんもかんも政治が悪い!」

慧音「そら雀牌を投げたくもなるわな」

それではガシャを見てみましょう

輝夜「今はこの子のピックアップやってるらしい。清純派ね。心地よい。犯そうぜ

妹紅「外道三段活用はやめろ」

慧音「ああ、称号の『花びらの雨』ってそういう……」

妹紅「破瓜とか散華とかそういうのを連想させない!」

輝夜「おっ、船長就任記念ガシャもある……スケベの波動砲や!」

妹紅「服のサイズ合わせろよ! 開かないと着られないだろう、それ!」

慧音「これは上質な衣服虐待罪だ。歴戦のソムリエも納得することだろう」

輝夜「もっとたまげたのが、このガシャ有償ダイヤじゃないと回せないから、もらったやつが使えないのよね……」

妹紅「積極的な課金を求めてきてるな。ま、それがいやなら普通にピックアップを回せってことね」

輝夜「リリース100日記念ガシャも有償限定ね。後ろにはさっきのおっぱい。その前にもロリなおっぱい。でも、最前にいる主人公は……」

妹紅「ストライクウィッチーズの宮藤ですらそこそこあったというのに」

慧音「胸囲の格差社会というやつなんだろうが、あまりにも手垢がつきすぎた表現だ。私はそれを拒否する。ここは生物的欠陥強調構造とアカデミックに言ってみよう」

輝夜「おらぁ! 貧乳が劣ってるかのように言うなや!」

慧音「劣ってるだろう! 胸はオスを誘惑し、遺伝子を残すために存在するんだ。何のために目線の高さにこのぽよんぽよんな物体があると思っている? 陰唇がある尻に偽装しているからだ! それによって、性欲を惹起するわけだからな。つまり、貧乳は尻に見せかけるための機能を喪失している。女としては致命的だ!」

妹紅「たわけだな! 語るに落ちるとはまさにこのことだぞ。確かに動物学的な見地から考えれば、まさしくそうなんだろう。しかし、進化論的に考えれば、逆に結論を導き出すことができる。そうだ。人間は賢くなったがゆえに、『胸で魅了する必要がなくなった』というわけだ」

輝夜「やだ、妹紅かっこいい……抱かれてもいいから勃起して」

妹紅「ついてねーよ!」

慧音「ふっ、負けたよ。抱けばいいさ。存分にな。だから早く勃たせるんだ」

妹紅「ついてないって!」

とりあえず現有戦力で戦うことに

輝夜「とりあえず現有デフォルトのコトブキ飛行隊で、行けるところまで行って味噌漬け」

妹紅「ええと、ザラとケイトか。この2人は回避型なんだがなあ。キリエが機動型だから、そこが気になる」

慧音「理想は前衛3人とも回避型だろうな。少なくとも、序盤から中盤までは。初期から星3のパイロットが集まれば別なんだろうけど」

輝夜「ほい、カイチ1もあっさりクリア。強すぎてたまりません。勝った、勝った! ばく進Vロード

慧音「蓬莱山輝夜、名監督への道のり

妹紅「あれからもう11年か……」

輝夜「快進撃は止まらず、一気にカイチ3までクリアですわよ。おほほ、見どころなくてすみませんね。何しろわたくしどもの飛行隊が強すぎるもので」

妹紅「早く壁こい、早く壁こい

慧音「詰まれ、詰まれっ……!

輝夜「ふぅー。庶民どもがあえいでおるわ。この選ばれし者であるカッグーヤ・ホウライマウンテンに敵うはずもないのに……」

さらなる新ステージが登場

輝夜「新しい土地に着地! インノ……陰嚢!? 卑猥オブザイヤーですわぁ!」

妹紅「お前、ガンダムZZのイーノ・アッバーブでも同じ反応するだろ」

輝夜「うん」

慧音「超素直。幼稚園ならこれだけですべて許されるレベル

輝夜「幻想郷は実質が幼稚園なので、私は許された」

妹紅「言ってて悲しくならんか?」

輝夜「お前は今までに性的に食べた魔理沙の回数を覚えているのか?

妹紅「0回に決まってんだろ」

輝夜「ごめん、特にこれ以上のプランはない」

慧音「完全に使い捨て扱いだけど、まあ、魔理沙だからな……」

輝夜「あ、昇格素材が出たし、このへそ出し飲ん兵衛巨乳お姉さんの星を増やしてみる」

慧音「レオナ隊長のメンタルを癒せるいい女だぞ」

輝夜「ちょびっと上昇。低レベルでこれだから、星の数がさらに増えたり、高レベルになってたりだとさらに効果を実感できそう」

妹紅「進化素材は積極的に確保したいな……。ガシャはそうそう引けるわけじゃないからな」

輝夜「さらには銅素材を報酬で手に入れたので、元気っ娘枠のチカも昇格」

慧音「かわいそうに。無感情マグロ枠のケイトだけが星1で置いていかれてしまった」

妹紅「ケイトを先に昇格させるべきだろー! 貴重な回避型なんだから、そこが育たたないとさぁ」

輝夜「そこはちょっと失敗したかなって思ってる。ま、どこかで挽回できるでしょ」

慧音「あ、たぶんカットするから説明しておくと、一番右のキリエは通称パンケーキキリエ。配布星3でもらったが、攻撃型で既存のキリエと入れ替えるとめちゃくちゃ落ちまくるから、今はいったん控えに回ってもらってる」

妹紅「ウェブ上でも『パンケーキキリエは罠』ってコメントがあったな……」

輝夜「さすがに新規プレイヤー。実績を積むだけでいろいろもらえるわー。というわけで、銀素材を入手したのでレオナ隊長を星3に昇格させる

慧音「おっぱいが大きいと空中戦がうまくなる。これはニュートンが証明している」

妹紅「真顔で大嘘を言いやがったな」

輝夜「おっ!? 星3にしたら絵と背景が変わった!

慧音「守りたい、この笑顔」

妹紅「こういう要素、いいね。みんな星3まで育てたくなる」

輝夜「インノは怪盗団アカツキの拠点らしいけど、このリガルってキャラもそこ所属なんでしょうね。マブい黒人娘。ぜひとも私たちのワードザーメンで汚したい」

妹紅「斬新で最低な単語を聞いた」

慧音「黒や褐色の肌には白い精液がよく映える。これ、祖先からの言い伝え」

次々に新しい場所へ

輝夜「新しい街、タネガシ……種子島? 薩摩、薩摩なのかい!?」

慧音「肝練りじゃ! ああ、よか酒じゃ!」

妹紅「チェスト種子島!

輝夜「もこたんはいいからツッコミだけやってて」

妹紅「たまには私だってはっちゃけたいのに……」

慧音「取引画面から類推するに、キャラ所属の飛行隊は5つ。それぞれ6人ずつで30人。というわけで、このゲキテツ一家のタネガシも含めると、もう1つ最後の街があるだろうな」

輝夜「ゲキテツ一家って、きっとヤクザよね」

妹紅「そこらへんはストーリーを解放して確かめるしかないな」

輝夜「んお、デイリークエストも解放されたのぜ」

慧音「焼き立てのパンがおいしいと評判の」

妹紅「デイリーヤマザキ

慧音「阪神が大好きな」

妹紅「デイリースポーツ

慧音「動画投稿サイトのひとつで」

妹紅「デイリーモーション

慧音「イギリスの有名なタブロイド紙なんだが」

妹紅「デイリーミラー

輝夜「もこたんテンションひくぅい」

妹紅「なんでもかんでも全力でやるわけじゃない。驚きも輝きも喜びも楽しみもないボケにいちいち付き合ってられるか」

慧音「妹紅のハードルは高いな……」

輝夜「ブースターやパンケーキが手に入るじゃん! 神、いわゆるゴッド!」

妹紅「これは大幅な戦力向上が期待できるな」

輝夜「よっしゃ、パンケーキ狩りいくぞコラァ! なおデイリークエストはいずれも1日2回までって制限があってしょんぼり」

妹紅「そりゃそうだわな。無限に狩れたらバランス崩壊だ」

慧音「とりあえず、パンケーキ集めの初級の敵には勝てそうじゃないか」

輝夜「こっちの総戦力値を見てもらえればわかるけど、元々あった分のパンケーキで鍛えた分もあるからね。ここでさらに稼ぐ!」

輝夜「アッー! 星1のケイトがあっさり落ちた! でも、状況は有利。勝てることは勝てるはず!」

妹紅「やっぱり回避型は真っ先に的になるから厳しいなぁ」

輝夜「パンケーキ獲ったどー! なんもかんも勝てばええんや! さあ、みんな。これ食ってもっと強くなるんやで!」

妹紅「1機やられててもバトル評価SSにはなるんだな。星は2つだから、スキップチケットで飛ばす戦術は使えないけど……」

慧音「パンケーキを食べてレベルは上がるけど、体重は増えない。やはりセクササイズ……

輝夜「んふっ、空賊襲来ですと?」

妹紅「スポットでのイベントかな」

輝夜「ちょっと気になるけど、分量が増えてきたから日記的には次回にまわそう。もしかして、こいつらから戦闘機の部品をかっぱげるかもしれない」

慧音「ぜひボコボコにされてほしいものだ」

輝夜「負けたら編成中の6人のエロCGが見れます

妹紅「これR-18RPGじゃないから!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事