【メギド72】東方メギドラル 第10回【プレイ日記】

ヴァイガルドの流儀

慧音「今日も元気に飛び蹴りで扉を開けるソロモンくんからスタートです」

輝夜「ソロモンくん、もしかして手を使えない系?」

妹紅「じゃあ、あの指輪は何なんだよ」

慧音「ヴァイガルドでは両開きの扉は飛び蹴りで開けなければならないので、この世界で最高の実力者はオカダ・カズチカ

輝夜「相手強いわー」

慧音「そして、ボスに着いたら着いたで、このクズい表情のフラウロスくんです」

輝夜「クズはクズでも強いクズ。よって、クズではない。if not kuzu: break

妹紅「そういやこいつも腹筋勢だな……ちゃんと乳首も隠してる」

慧音「舐めたくなる細マッチョだ」

輝夜「しかし、こんないかにもなワルで不良っぽいフラウロスよりも、ソロモンのほうが全身タトゥーの5個指輪というやべーやつ感を醸し出してる件」

慧音「要素だけなら完全にヤカラだからな」

妹紅「『関東連合のイメージキャラクターです』ってウソ字幕をつけたら、信じてしまうピュア義憤クラスタが相当数いそうだ」

ヴィータ無茶すんな

輝夜「なんやその『SCP財団のジェラルド博士が運転する車に同乗する』並みの死亡フラグは」

妹紅「さすがにジェラルド級じゃないだろ……」

慧音「SCP-173とあっち向いてホイをするレベル

輝夜「SCP-087で4回転ターンするレベル

妹紅「死亡確定度で競えとは言ってない」

輝夜「双貌獣ってことは頭が2つありそうよね? そんないかにもな猛獣なのに、わざわざ捕まって怯えた振りをしてあげたの? というか、ここまで数多の村を滅ぼした戦闘力を考えるなら、さっさとむーしゃむーしゃしあわせーして飛び去ったら良くない?」

妹紅「ふむ……アルマゲドンが近づいて、パワーや凶暴性が上がったのかもしれないな」

輝夜「さっさと! 襲えば! 良くない!?

慧音「いや、話の流れから誤解しているだけだろう。とにかく観客や関係者を含めて多く食いたかったやつは、とりあえず怯えた振りをして捕まって、本番で引き出されてきてから存分に食ったってことで」

輝夜「村を! 襲えよ! あんま変わらんだろ!」

妹紅「どうだろうな。場末の闘技場なら村の人口とあまり変わらんかもしれんが、それこそコロッセオ級だと数万人が集まってるだろうから、効率は段違いだ」

輝夜「わかった! 『村喰らいの双貌獣』ローマ説! 滅ぼされた側はカルタゴ的な!」

妹紅「だから何だってんだ。塩でも撒かれたのか」

慧音「いやあ、幻獣って、本当に恐ろしいものですね。ちなみに、そのへんの詳細を知りたければ、キャラストーリーを読むといいらしいぞ。『記憶の欠片』というアイテムを集める必要があるようだが、それが手に入るクエストはメインを進めると解放されるらしい」

復讐するは我にあり

輝夜「3-2もあっさりクリア。いよいよ3-3、一番奥。ついにやつと戦うことになりそうね」

慧音「問題です。『やつ』の名前は何でしょう? 1番、村喰らいの双貌獣。2番、顔の前にそそりたつ勃起ペニス。3番、排卵日ゴムなし十発射精生き残り対決

妹紅「何の関係もないな!」

慧音「たまにはフォークも投げておかないとな。あ、今のは『たまに』と『金玉』の掛詞だ」

輝夜「さすが慧音。お前が敵ではなかったことに感謝するぜ

妹紅「男塾メソッドで下ネタを肯定せんでよろしい」

慧音「では、こちらのエキサイトしている彼が『排卵日ゴムなし十発射精生き残り対決』の受け側になります」

妹紅「男だから排卵しねーよ!」

慧音「はは、立派な卵が股間に2つついているではないか」

妹紅「それを『排』しちゃダメだろ!」

輝夜「モラクスくんホントレベル高い。めちゃでかい斧持ってるくせに腹筋それなりだし、腕に至ってはぺらっぺらだし。というか腰回り女の子みたいやん。掘りたい

妹紅「戦闘で使う代わりにストーリーでこんないじられ方をするのは、彼にとって本望なのか……?」

輝夜「ガープ先生による攻略法伝授。おいおい親切か。とにかく攻撃を凌いで、こっちから攻撃しろってさ。何の役にも立たねぇな。管理者養成学校に行って鍛え直してこい」

妹紅「あのほぼ無意味にしか見えないパワハラ的研修をやる場所か……」

慧音「ガープ先生が自ら囮役を買って出てくれたぞ。そういうスキルを持ってるんじゃないか?」

輝夜「マジすか。前言撤回。ありがとう、ガープ先生。管理者養成学校の運営側に回っていいよ

妹紅「管理者養成学校から離れろ」

慧音「『攻防の切り替えには長けている』とか完全にリバなのですが、そのあたりメギドゲイファック勢の皆様はいかがお考えでしょうか」

輝夜「モラクスくん、きみ2軍やで

妹紅「これ以上ない残酷な宣告だな」

慧音「良かった……お腹が減って倒れるモラクスくんはいなかったんだ

輝夜「活躍させなければ倒れることもないという優しさ。一理ある」

妹紅「百理ない」

輝夜「さあ、いよいよ決戦よ。『村喰らいの顔前にそそりたつ十発射精生き残り対決』を倒しましょう!」

妹紅「慧音のしょうもないネタに引きずられるな! アニマを食われるぞ!

慧音「村喰らいが完全に村の女性すべてを犯す意味になってる。星3つでございます!」

輝夜「『チューボーですよ!』がJCとのファックを意味していたとはたまげたなあ」

妹紅「淫行条例に引っかかりたいのか?」

輝夜「蓬莱山輝夜ちゃん、15歳です! 永夜抄が15年前だからな!」

妹紅「黙れ暫定1億歳」

ヴァイガルドにダンケルクはない

輝夜「ガープを使えと運営が言っている

慧音「宦官情報によれば、とにかくガープは死命を左右する力を持っているらしいからな。素直に使うのが吉じゃないか?」

妹紅「そういう事前情報があると、逆らいたくなるのも人情ってもんだと思うがね。ま、輝夜に任せるよ」

輝夜「ふっ、やはり最後に頼りになるのはこの私……」

妹紅「判断に責任を持ちたくないだけだ

慧音「正直だなあ、妹紅は」

輝夜「うおおお、行くぞ双貌獣! 完全にキマイラ! こんなん捕まえて見世物にしようとした闘技場スタッフ頭おかしいでしょ!

妹紅「出川哲朗が『こいつコレだから』って自分の頭を指差すやつだな」

慧音「この化物を御することができたらすごいよなあ。だが、人間……この世界ではヴィータだが、意外と客観的に見て頭の悪い判断をするものだ。何しろ専門家が寄ってたかって作ったのがサブプライムローンだぞ? あんな悪夢のようなサービス、いつか破綻するのは目に見えていたはずなのに」

輝夜「人は高度に組織化された社会によって本来有していた知性を喪失し、滅びるべくして滅びるのね

輝夜「というわけで、シトリーをリーダーにして攻撃力上昇の全体効果を得つつ、シャックス・フラウロス・マルバス・ガープで組んでみた

妹紅「フラウロスの属性が違うから、シトリーのマスエフェクトの恩恵を受けられてないからな……。もう1人カウンター属性の良いメギドがほしい」

慧音「それでも強化祭りを実践したおかげで、ここはラクラク突破できそうじゃないか? 見ろ。素早さにおいて、5人全員が敵よりも早い

輝夜「双貌獣よりはやーい!

妹紅「一部の読者さんの血圧を上げるセリフはやめなさい」

輝夜「ふはははは! その程度か! 力こそが正義……いい時代になったものだ!」

妹紅「本来のメギドってこんな感じなのかね?」

慧音「シンを召喚してみたくはある。ある意味ではフラウロス枠だろうか? 他にも近い感じのメギドがいそうではあるが」

輝夜「いや、ここはトキかレイを呼ぼう」

妹紅「世紀末バスケをやる気だろ。いやまあ、シンだってバスケはできるけどさ」

慧音「村喰らいの双貌獣さんありがとう!

輝夜「紅の豚に比べて響き悪っ」

慧音「奥義の名前は『ブー小足』

妹紅「『世紀末小パン王』じゃなかったか」

輝夜「マルバスの奥義で2ターン防御力アップ! まるで効かんわ! 村喰らいの双貌獣なんてぜいたくな名前だねぇ。お前は今日から『貌』だよ!

妹紅「なぜ複雑な漢字の部分を残した!?」

慧音「むしろかっこ良くなった説が急浮上するまである」

輝夜「マルバスちゃんかわいい!

慧音「マルバスちゃんかわいい!

妹紅「うーむ……」

輝夜「どうしたん。コーラックが必要そうな顔して。うんこ出してこいうんこ」

妹紅「この流れがさ、かつての『いおりんのMAマジ最高!!』を思い出してしまって」

輝夜「ひとついいことを教えておくけど、CD『MASTER ARTIST 08 水瀬伊織』が発売されたのは2007年9月のことよ」

慧音「そうか、CD『MASTER ARTIST 08 水瀬伊織』はもう12年前になるのか」

輝夜「ふっ、今改めて言うのもいいかもしれないわね」

慧音「いおりんのMAマジ最高!!

輝夜「いおりんのMAマジ最高!!

妹紅「マルバスどこへ行った! なんか宣伝っぽい名称連呼があるし!」

輝夜「検索対策だぞ」

全力でぶちのめせ!

輝夜「シャックス曰く、『ビリビリの! バリバリの! ドカーンだよ!』

慧音「つまり、『御坂美琴はぬ~べ~かつおジャ魔女である』と言っているんだな」

妹紅「どんな翻訳ジェネレータを使ったんだ」

慧音「ふむ。どうやら尻から蛇ペニスが生えているこいつも奥義準備OKらしいな。間に合うか?」

輝夜「間に合うかどうかじゃねぇ! 間に合わせるんだよぉ! それが納期ってもんだろ、松っ!

妹紅「嫌な近未来編だなあ」

輝夜「なあに、いけるいける。シトリーさんが佐川急便してるから!

妹紅「一応は全身鎧のはずなのに、この人、なんでHPも防御力も低いんだろうなあ

慧音「ボディペイント

妹紅「マジかよ」

輝夜「全裸腰ミノシルバーボディペイントとかいう全く新しい分野」

輝夜「さらにとどめの固定ダメージが唸る!」

輝夜「人類の勝利だあああああ!

慧音「FATAL K.O.」

妹紅「推奨レベル超えてたからな。勝ってもらわんと困る」

輝夜「おらっ、村喰らいの双貌獣! オーブを手に入れたぞ! 今日からお前は私のメスイヌだ!

慧音「頭が2つあるから4本はフェラできるな。尻尾の蛇も入れればさらに2本追加だ

妹紅「え、何言ってんのこの人こわい」

輝夜「ひゅう! 特殊プレイが捗るぜ! グリフィンドールに5億点!

輝夜「ほら、慧音。ガープくんも呆れてるよ?」

慧音「謹んでおシコり申し上げます。最初に使っていいよ」

妹紅「食いちぎられるわ!」

輝夜「幻獣の咬合力程度に負けるペニスなど惰弱!

妹紅「そんな頑強な性器があるか!」

旅立ちの時

輝夜「なんだ、ソロモンって流れ者だったの? こんなハイパー入れ墨ちんこまでタトゥー入ってる指輪オナニー常習犯をよく受け入れたわね」

妹紅「半分以上[要出典]情報が仕込まれているんだが

輝夜「田舎なんてのはなあ! 引っ越したその日から暇な老人たちによって監視され、玄関の鍵が開いていないと文句を言われる。そういう風土なんだぞ!」

妹紅「お前の田舎観は偏りすぎだ!」

慧音「消防団参加は必須です

輝夜「ええ子やないか。すまんな、ちんちんまでスミ入ってるとか言うて……。お前さんは単なるノースリーブ半裸マンだわ

妹紅「考えてみたらこの一番上に着てるやつもかなり尖ったデザインだな……」

輝夜「『生きる意味を失う♂』しかけたソロモンとガープに手を差し伸べるブネ。天使か。というか、このパーティーのオカン枠じゃない? 筋肉の割に攻撃力低いし

慧音「ツイッターの情報によると、ブネの筋肉は見せ筋らしい」

妹紅「なんかひどい言われような気がする」

輝夜「よっしゃ! 赤単速攻でハルマゲドン阻止や!」

慧音「赤本よりも緑本のほうがおすすめ

妹紅「ええい、まるで見当違いの方向に話題をぶん投げるな! どんなに優れた猟犬でも、追えるのは1匹だけなんだぞ!」

輝夜「だそうですよ、慧音さん」

慧音「間を取って赤チンを採用しますか。2020年末で生産中止だけど

輝夜「ただし具体的な方法はわからんもよう」

妹紅「幻獣をボコボコにしていけば何とかなるだろ

慧音「皆さん、ご覧ください。これが脳みそ筋肉です」

妹紅「『下手の考え休むに似たり』だ」

輝夜「『下手のオナニー意外と気持ちよくないけど疲れだけ残る』

慧音「せやな」

輝夜「最近、シャックスの喋り方が癖になってきたカモカモ

慧音「正しい言葉遣いを忘れるから、覚えるべきではないない

妹紅「上坂すみれボイスの影響が大きいな

輝夜「乗れよ! 乗ってこいよ! このビッグウェーブに! お前は稲村ジェーンを見ても眺めているつもりかよ!

妹紅「乗ったら乗ったでハシゴを外すくせに……」

いざ新たなる展開へ

輝夜「ええっ、強力な協力者が!?」

妹紅「お前の魂の格が3段階は下がるつまらなさだった

輝夜「ゴミを見るような目で見られた。つらい。出家しよ……

輝夜「ハルマ! 天使と悪魔の天使側! ついに神にも悪魔にもなれる力のもう片方が……しかし、マジンカイザーくんはひたすら正義のためにこのソロモンの力を使うのだ!

妹紅「もう何度も思ったことだが、『マジンカイザー』が名前はひどすぎる

慧音「『ケツマンコ感度SSSS大将軍』なら良かったのか?」

妹紅「そういう『北朝鮮とシリアのどっちに住みたい?』みたいな振り幅やめろ!

輝夜「どうやらワケがありそうね……。あ、ちなみに、このワケには『理由』って字がつくから。あとKiller7の『殺』の字みたいにめっちゃ目立ってる」

妹紅「どんなこだわりだよ」

慧音「グラスホッパー・マニファクチュアは2019年4月から中途採用の募集を開始してるぞ

妹紅「なぜにわか広報になった!?」

輝夜「よっしゃあ! 王都の風俗街をソロモンちんぽで征服じゃあ! 次回へ続く!」

妹紅「ん……てことは、王都には例のシバの女王がいるのかな」

慧音「ダートの王子様として負けるわけにはいかない」

妹紅「はいはい」

輝夜「襲撃! 簒奪! 王都にはロマンがあふれている!」

妹紅「輝夜は輝夜でなぜ蛮族スイッチが入ってしまったのか」

慧音「でも、王都って聞くと略奪したくなるし、帝都って聞くと完全に魔法陣で平将門公ゆえ致し方ないだろう」

輝夜「妖怪アリャマタコリャマタは大変な創作をしていきました」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事